有料道路や高速道路を使用するドライバーにとり、ETCカードは今では快適なドライブをする為の必需品となりました。

中には、あまりよくリサーチを行なわず、とりあえずすぐに入手したいから、あわてて決めてしまったとう人もいるのではないでしょうか。

もちろん、ETCカード自体の役割は、皆同じですが、カードのもっている機能やサービスは、発行会社によって大きく異なっていることが多く、得をしている人もいれば、損をしている人もいるのです。

以下の点をもう一度見直して、賢くETCカードを選んでみましょう。

まずは、最も重視したいポイントに挙げられているのが年会費です。

今では、年会費有料というカード発行会社が多くなってきていることから、有料であるのが当たり前だと思いがちですが、年会費無料や、条件付年会費無料のところも多くあります。

年会費有料である場合、1年間、ETCカードを一度も使用していなくても、費用は発生するので、カードを持っているだけで損をしてしまう結果となってしまいます。

次に、年会費と比べて、低い確率ですが、発行費用や更新費用がかかるカード発行会社もあることを覚えておくといいでしょう。

発行費用には、事務手続きや入会金が含まれることが多く、年会費無料でも、発行費用は有料というところもあるので、必ず確認しましょう。

ETCカードの有効期限は、親となるクレジットカードの有効期限と同じで、クレジットカードを更新するタイミングで、ETCカードの更新費用が発生することになります。

こちらも、発行費用同様に、確認をしておきたい費用の1つです。