ETCカードとETCシステムを利用した場合、使用する時間帯によって割引制度が適応されているのを知っていましたか。

これは、時間帯割引と呼ばれているもので、東、中、西日本高速道路、及び地方部の各高速道路で実施されており、割引率は、早朝、昼間、夜間と時間帯で区切られているものと、平日、休日と曜日で区切られているものがあります。

では、代表的な5つ割引サービスの内容を見てみましょう。

土曜日、日曜日、祝祭日が対象となるのが休日特別割引です。

地方部は終日50&オフですが、東京と大阪は時間帯によって割引率が異なり、6時~22時までは30%、22時から6時までは50%となっています。

毎日割引が適用されるサービスには、深夜割引、通勤割引、東京・大阪近郊早朝夜間割引、そして、地方部平日昼間割引があります。

深夜割引も休日特別割引同様、時間帯によって割引率が異なり、毎日0時から4時の間は、50%オフ、平日においては4時~6時と20時~24時は30%オフとなります。

高速道路通勤をしている人は、すでに利用している人も多いのが通勤割引です。

こちらは、午前と午後の通勤時間帯に適用される割引サービスで、6時から9時、そして17時から20時の間は、50%オフとなっています。

東京・大阪近郊、100キロ以内の区間通行にも早朝夜間割引が設けられており、22時から6時の間は50%オフとなっています。

東京・大阪近郊以外の地域は、地方部平日昼間割引が適応対象区間で、平日の6時から20時まで30%オフとなっています。

上手に時間帯と曜日を選んで、ETCカードの割引制度を多いに活用してみましょう。

■参考資料:オートバイのETCに関する利用実態調査 – 【レポセン】